クリックお願いします! 人気ブログランキングへ

2017年11月17日

【岡山】 イオン周辺渋滞解消へ交差点改良 岡山市、左折レーン新設へ[11/14]

1: 朝一から閉店までφ ★ 2017/11/15(水) 19:07:04.74 ID:CAP_USER

(写真)
岡山市が渋滞対策で改良する「下石井一丁目交差点」。左奥から店舗沿いに左折レーンを新設する
このPDFを表示


 岡山市は14日、JR岡山駅南の大型商業施設・イオンモール岡山(同市北区下石井)周辺の渋滞解消に向け、店舗北東の市役所筋で交差点の改良に着手すると発表した。入店などのため同交差点を左折する車が混雑の要因になっていることから、
左折専用のレーンを新設。信号機も横断歩道を渡る歩行者らと時差を設けるタイプにして、車両の通過をスムーズにする。年明けに着工し、来年3月末までの完成を目指す。

 改良するのは「下石井一丁目交差点」。計画では、同駅方面に北進する市役所筋(現行3車線)で、交差点の手前に左折レーン(延長約25メートル、幅約3メートル)を整備。信号機は、直進や横断歩道は赤でも、左折することができる青信号の矢印を追加する。

 左折レーンの新設で店舗側の歩行空間が減少するため、イオンから敷地の一角(約85平方メートル)を無償で借りて歩道を整備する。
また、店舗から県庁通りに延びる横断歩道は、信号待ちの車がふさぎ、歩行者や自転車の妨げとなるケースが起きていることから同駅方面に約25メートル移設して交差点と一体化する。

 市によると、同交差点は横断歩道の利用者が多く、1回当たりの青信号で左折できる車両は6、7台。左折専用のレーンと新たな信号機によって通過車両は20台程度まで増え、市役所筋全体の渋滞緩和が見込めるという。

 市は、昨年末から市役所筋で渋滞が目立つようになったため、県警、イオンと三者で対応を協議していた。市の事業費は7千万円で、車線規制を伴う工事は夜間などを予定している。施工の前後で車の通行量を調べ、効果を検証する方針。

 会見で大森雅夫市長は「市役所筋では渋滞が頻繁に起こり、市民への影響が非常に大きい。事業の効果をみて、解消されなければ次の対応も考えていく」と述べた。
(2017年11月14日 23時24分 更新)
http://www.sanyonews.jp/article/627742/1/?rct=okayama1


続きを読む
posted by 2chmatomeblognet at 01:01| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【群馬】 美少女キャラ原画を展示 さかい蔵人さん作品展 [2017/11/13]

1: 朝一から閉店までφ ★ 2017/11/16(木) 13:31:46.18 ID:CAP_USER

 群馬県高山村のイラストレーター、さかい蔵人さんの作品展が同村のいぶき会館で始まった。イラストや原画、写真など約40点を紹介している。13日まで。

 さかいさんは、沼田市の沼田エフエム放送(FM OZE)の開局20周年キャラクター「瑞葉翔子」などを手掛けている。会場には、同キャラクターのほか、昨年亡くなった
同市のイラストレーター、寿志郎さんが制作した同エフエム放送のイメージキャラクターを、さかいさんがリメークして命名した「初代みゆき」も展示している。

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

 https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/15006?amp


続きを読む
posted by 2chmatomeblognet at 01:01| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【福島】震災当日の姿を留める帰還困難区域、双葉町 月夜の街を歩くイノシシ[動画 11/16] 

1: 紅あずま ★ 2017/11/16(木) 18:03:17.42 ID:CAP_USER

http://www.asahi.com/articles/ASKBP5746KBPUQIP037.html
掲載元からどうぞ=>【動画】帰れぬ家、照らす光=竹花徹朗、小玉重隆撮影

http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20171031000801_comm.jpg
月明かりに照らされた双葉町の商店街。一部の建物は崩れたまま。イノシシの姿も写っていた=10月4日、福島県双葉町(30秒間露光)


 東京電力福島第一原発事故から6年半余り。夜間は立ち入り禁止となる福島県双葉町の帰還困難区域は今も、震災当日の姿をとどめる。
10月、同町の協力のもと、同区域内に複数の無人カメラを設置。月夜に照らされる町の様子を撮影した。

 時折、月が雲に隠れる中、わずかな光を頼りに長時間露光で撮影された写真は1万6166枚。
写真には薄明かりの中に浮かび上がる無人の商店街を、自由に歩き回るイノシシの姿などが写し込まれていた。

 政府は9月、商店街を含む帰還困難区域の一部を「特定復興再生拠点」に認定。
2022年には、拠点全域の避難指示解除を目指しているが、町に住民が戻るかはわからない。


帰還困難区域、無人の街を歩くイノシシ 福島・双葉
朝日新聞:2017年11月16日17時16分


続きを読む
posted by 2chmatomeblognet at 01:01| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【山梨】狩猟免許取得者 20代が急増[11/15]

1: 朝一から閉店までφ ★ 2017/11/15(水) 21:10:27.68 ID:CAP_USER

社会
狩猟免許取得者 20代が急増
(山梨県)

 15日解禁となった狩猟だが、山梨県内で狩猟免許を持つ20代・30代の人がここ5年で2倍近くに増え、若手の存在感が増している。
 県みどり自然課によると、県内の20代、30代で狩猟免許を持つ人は、2011年度末時点で236人だったが、5年間で1・8倍の423人まで増えた。
全年齢を通じて狩猟免許を持つ人は、同じ期間で3647人から180人減少しているため、20代、30代が占める割合は全体的に上昇傾向にある。
 県も鳥獣害対策などで活躍する狩猟免許の保有者を増やすため、2012年度から新たに免許を取得する人や猟銃を持つ許可を取る人に対し、経費の助成を行っていた。
県は今後、経験の少ない若手狩猟者の技術力アップや、狩猟の中核となる指導者の育成が課題とみていて、これらの支援に力を入れていく考えを示している。
[ 11/15 18:51 山梨放送]

http://www.news24.jp/nnn/news88811771.html
Copyright(C)NNN(Nippon News Network)


続きを読む
posted by 2chmatomeblognet at 01:01| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【群馬】 御巣鷹尾根で日航機遺族ら冬支度 閉山に合わせ[11/14]

1: 朝一から閉店までφ ★ 2017/11/16(木) 18:43:05.34 ID:CAP_USER

2017年11月14日17時01分 (更新 11月14日 17時12分)
 「御巣鷹の尾根」で墓標の冬支度をする管理人の黒沢完一さん=14日午後、群馬県上野村
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/373407/

 日航ジャンボ機墜落事故の現場となった群馬県上野村の「御巣鷹の尾根」で14日、冬季の閉山期間に入るのに合わせ、遺族らが供え物を片付けるなど墓標の冬支度をした。登山道はこの日の夕方に閉鎖された。来年4月29日に開山する予定。

 上野村では8日、ヘリが墜落し4人が死亡する事故があったばかり。尾根の管理人黒沢完一さん(74)は「空の安全をもう一度考えてほしい。30年以上たち、事故が忘れられてしまっているのではないか」と話した。

 日航機事故で兄の栗原崇志さん=当時(33)=一家3人を亡くした栃木県の橋本毅さん(63)は「また来年来ます。待っててね」と報告したという。


続きを読む
posted by 2chmatomeblognet at 01:00| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【北海道】マニアの胸躍る アイヌの城が人気、観光客は60倍に 根室市[11/16]

1: のっぺらー ★ 2017/11/16(木) 12:16:55.79 ID:CAP_USER

北海道根室市にあるアイヌ民族の城「根室半島チャシ跡群」(国史跡)がひそかな人気を呼んでいる。
「日本100名城」に選ばれた2006年度は観光客の姿もほとんどなく、07年度も50人だったが、ここ数年増加。
今年度は3千人を突破する見込みだという。
本土最東端の歴史ロマンに城マニアの胸も躍る。

「チャシ」とはアイヌ語で砦(とりで)や柵による囲いの意味。
16〜18世紀に造られ、見張りや祭事のほか、地域同士の談合(チャランケ)や集会、
サケの遡上(そじょう)を監視する場所としても使われたといわれている。

根室市歴史と自然の資料館によると、市内では32カ所のチャシ跡が確認されており、
24カ所(計9万4千平方メートル)が1984年、国史跡に指定された。
ほとんどがオホーツク海に臨む崖の上に築かれ、半円形か四角い壕(ほり)が巡らされている。

「さまざまな性質の土を積み重ねているが、今もしっかり残っている。
 アイヌの土木技術の高さがうかがえる」とチャシの研究を進めている福田光夫・文化財主査(55)。
だが、地域住民にもあまり知られていなかった。

注目されるきっかけは06年。
財団法人日本城郭協会(東京)が
「北方の歴史や文化を考える上で重要」として「日本100名城」に選んだことだった。
城をリストアップしたスタンプ帳(同協会監修)も翌年発行。
北から順に番号が付けられたため、根室のチャシ跡群が1番目になった。

写真:「根室半島チャシ跡群」のひとつ、ヲンネモトチャシ跡。上空からは供え餅のような形にも見える
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20171116000653_comm.jpg
写真:イメージキャラクター「チャシ女子(チャシガールズ)」。根室市観光協会の職員がデザインを手がけた。
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20171116000660_comm.jpg

以下ソース:朝日新聞 2017年11月16日10時34分
http://www.asahi.com/articles/ASKC7646VKC7ULZU00Q.html


続きを読む
posted by 2chmatomeblognet at 01:00| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。